コンセプト
製品紹介と使い方
お客様の声
レシピ
リンク
Farmtech Japan Homeに戻る
made in
natur
お客様の声
みなさんの声で
「made in natur」の輪が
広がっています。

バラの害虫コガネムシが減少


香りもよいオールドローズ‘ファンタンラトゥール’とゲラニウム。淡いピンクの組み合わせがやさしい雰囲気
(園内モデルガーデンにて)


ずらりと並ぶバラ苗。良質の土で植え込んでいるので、販売鉢のままでも2〜3年は大丈夫という


バラ、クレマチス、宿根草、その他の質問にも気さくに答えてくれるオーナー矢口さん
どこからか飛来し、バラに寄り付くコガネムシは、つぼみや花びらを食害しボロボロにする腹立たしい害虫です。

北広島市の「植木村」内で、バラと宿根草の販売を35年営んでいる矢口園芸オーナーの矢口さんも、これまで毎朝水やりをしながら“見つけては捕る”を繰り返していました。それがこの2年ほど、コガネムシがほとんど来なくなったというのです。

「今年は少ないな、どうしてかな、と考えてみたら、植え替えの土に『ニーム・ガルテンパウダー』を混ぜ始めたときだったんです」。

矢口園芸では、仕入苗のほとんどを大きめの鉢に植え替え、気候に慣らしながら株を充実させて販売しています。また、用土は良質の広葉樹有機質用土、そしてニーム・ガルテンパウダーのほかに、アゾマイト・ガルテンやグアノ・ガルテンも混ぜ合わせています。

「土にはホントにお金がかかってるんですよ」と屈託もなく笑う矢口さん。つい、土代は抑えたい気持ちもあるものですが、土こそすべて。丈夫な株をつくるには、なにより土力をつけることが大事なんですね。

地上部が枯れても毎年また芽を出してくれる宿根草は、園内で越冬試験(北海道の冬の寒さに耐えられるかを試す)をしながら販売しており、取扱い品種は数え切れないほどです。「ここに来たらおもしろいものがあるんだよね」というお客さんの声をよく耳にする、「矢口園芸」さん。ぜひ訪ねてみてください!(2008.4)
ショップ紹介

矢口園芸
北海道北広島市大曲599−28
(植木村内)
TEL 011-376-3783